脳ドックで早期発見したい!


脳ドックで早期発見したい!認知症について

近年、認知症となるお年寄りが増えています。認知症は早期発見が重要です。ちょっとした物忘れがサインの場合が多くあります。その後、自分の家がわからなくなってしまったり、財布を取られたという物取られ妄想などの周辺症状が生じる場合があります。物忘れなどの症状と思われる点が見受けられた場合には、近くの病院を早い段階で受診し、脳ドックなどの検査を受けましょう。検査を受けることで、どういったレベルなのかをはっきりさせることができます。脳ドックの結果で進行を防ぐ方法を判断することができます。今は、初期段階であれば、薬で進行を抑えることや症状を緩和させることにつながるため、家族の負担を軽減させることができます。さらに、脳ドックの結果などは介護度の審査にも関わり、国からのサポートをどの程度受けることができるかが決定されます。認知症のお年寄りを支えることは大変ですが、早期発見し、国や地域、病院や施設などと連携して支えていくことが大切です。

脳ドックを受けるべき頻度

脳ドックを受けるべき頻度に関しては、年齢や持病の有無などによっても事情が異なるため、定期的にかかりつけ医に相談をすることが良いとされます。この頃は、脳血管疾患などを発症する人がの数が全国的に増加しているため、脳ドックの重要性について興味を示している人が目立っています。脳ドックを適切な時期に受けることにより、様々な疾患をすぐに発見することができる点が大きく評価されています。もしも、検査を受ける頻度についてわからないことがある場合には、同年代の人々との情報を交換したり、内科や脳神経外科などが設置されている医療機関を受診することが大切です。また、年齢が高い人の場合には、脳ドックを受ける際に身体に負担がかかることがあるため、念入りに検査のタイミングを見計らうことが求められます。こうした検査を受ける日本人の数は、ここ数年のうちに増えてきており、いざという時のリスクを低減させるためにも欠かすことができないものとなっています。

 

脳ドックの施設を検索するならMRSO(マーソ)