脳ドックに関するお役立ち情報特集


脳ドックに関するお役立ち情報特集

脳梗塞や認知症、脳腫瘍、動脈瘤などの病気は、初期の場合は自覚症状がほとんどないため、病気を早期発見することが大切です。
脳の病気を防ぐためには、信頼できる医療機関で定期的に脳ドックを受ける必要があります。
MRIによる検査やCTによるレントゲンを受けることができますし、血液検査や頚椎の超音波検査なども受けられます。
脳ドックを始めて受ける人は不安を感じている方が多いですが、体に負担がほとんどなく、苦痛もないので安心して精密検査を受けられます。
脳梗塞やくも膜下出血などの脳血管障害は、がんや心臓病に次いで日本人に多い病気なので、40代を過ぎたら、塩分の多い食事を控えるようにしたり、熱いお湯で入浴を避けるようにしたり、脱衣所は暖かくしておくなどの工夫が必要です。
脳ドックを受けることで、病気を早期で発見できるため、体に負担の少ない治療が受けられます。
医療機関の脳ドックは、高性能な医療機器を使用して行っています。

脳ドック知っとく情報まとめ

年を取ってくると、頭痛や物忘れが増えてきたり、知り合いで脳の病気になる人が増えてきたりと、脳の健康が心配になってくる人が多く、脳ドックを受ける人が増えてきています。脳は、自覚症状があまりなく、検査しなければ異常を見つけられる可能性が低いと言われおり、気づいた時には脳卒中で倒れてしまったということも良くある怖い病気です。脳の病気を防ぐためには、脳ドックを受診し、早期発見に努めることが大切です。歳を重ねていくと、脳細胞も老化するため、日常生活に支障がない脳梗塞の跡や病変部が増えていくものですが、病変部が変化していないかどうかや狭くなっている血管が増えていないかなどを定期的に見ることが必要になります。加えて、血圧やコレステロール値、血糖値などは、脳の病気のリスクを高めるため、これらの病気の進行を防いだり、予防したりすることも必要になるため、定期的に観察し、生活習慣を改善することで、生活の質をキープすることができるようになるため、脳ドックの定期的な受診は大変メリットがあり、おすすめです。

 

脳ドックの施設をMRSOで探そう